Yuimaさん再び

先々月久しぶりにUAさんやLady Gagaさんの衣装デザインを手掛けたYuima.Nakazatoさんから染色の依頼を受けました。

今回の作品はアーティスト等クリエイター向けではなくパリでのバイヤー向けの展示のため。

でも何故パリ!?というと日本のバイヤー向けの展示会は、一年の中で世界的に一番遅く、海外のバイヤーから問い合わせがあっても既に買い付けが終わってしまっていてまた今度…と、チャンスを逃してしまっているからだそうです。

さて今回の仕事。

メチャクチャ細いエジプト綿で編まれた薄いニットの生地とリブ編みされた薄く風合いの良い生地の二種類の布地を、淡いサーモンピンクのようなベージュに染めるというもの。

弊社にある染色機は糸染め用の染色機なゆえ、設備的に難しい事に加えて難点が3つ。

・見本が革とオーガンジーのような透けて見える薄い布地その他3種類あり、それぞれ質感が違うと言う事。

・染める生地が白でなく黄みがかっていること。

・そして型崩れ。

少々生地をカットし伸び縮みや風合いの変化を試験。
一回目の染色をして色見。

濃度が見本より薄く、わずかに鮮明過ぎ。

イエローの染料を染める物に対して0.0003%、換算して0.007g追加します。
染料0.007gはそのまま秤量できないので1gを1リットルで溶いた液を7cc入れ2回目の染色。再び一時間後色見。

まだ濃度が足りません。

思いきって染料を加えたいところですが濃くしてしまうと脱色という工程が増えてしまうので少しづつ見本の色に近づけて行きます。

このような作業を数回繰り返して希望の色に染め上がりました。

帰国後に少々の修正が入るようですが、また一緒に仕事が出来る事を光栄に思っております!

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です